マンゴーができるまで

マンゴー冬から収穫まで

後半です。開花から完熟収穫まで


寒い冬から少しずつ温度を上げて花を咲かせます
3月中旬

この時期から減農薬栽培に向けて天敵生物に頑張ってもらいます!
農薬ですが、農薬ではありません。中にスワルスキーカブリダニというマンゴーにつくアザミウマやハダニを捕食する小さい虫がはいっております。
スワルスキーくんよろしくね。
4月中旬。少し遅れてます
花が満開頃です。マンゴーは受粉しないと大きな実にならないので、ハチやハエに受粉を手伝ってもらいます。

農薬の散布はこの時期に集中します。病気の発生で全滅する恐れがある為しょうがない部分かもしれないですが、まだまだ勉強が足りません。

一つの枝に数千もの小さい花が咲きます。
たくさん実がついていますがほとんどが落果します。残るのは3~6個。一つも実をつけない花もあります。
満開後30日5月中旬です。
無事受粉がすんだ花が実を結びます。まだまだどれが大きくなるかわかりません。
6月から実をひもで誘引します。
中旬に最後の農薬散布を行いました。

ネットを掛けるための準備。この紐にネットをひっかけて、完熟して落ちるマンゴーをキャッチするのです!


ネット掛け後 収穫まであと少し!
マンゴー成ってる風景

きれいな紫色が出ています。あとは自然と落ちてくるのを待つばかりです。
完熟マンゴー収穫風景

ぽとり。と落ちたマンゴーをネットがやさしく受け止めています。これを毎朝ハウス内を巡回して収穫します。

以上 完熟マンゴーができるまででした

コメントする

名前

URL

コメント

会員様だけのお得情報や先行予約情報、農園の情報など不定期でお届けいたします。是非登録ください!
下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

瀧本農園Facebook

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

QR

ページトップへ